投稿日:2022年2月17日

製缶加工とは?製缶工事の基礎を学ぼう!

こんにちは!岐阜県飛騨市に拠点を構え、工場内で溶接・製缶工事や産業機械設置・メンテナンスを手掛けております、有限会社タカノ工機です。
今回は、弊社の業務のひとつである「製缶」の加工について解説いたします。
これから製缶工事に関する仕事への転職や就職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

製缶加工とは?


製缶加工とは、タンクや機械装置をつくるために、鉄板などの金属を切断・穴あけ・溶接することをいいます。
平面である鉄板から複雑で立体的な製品をつくるため、高い技術力が求められます。
溶接の工程もあるので、溶接に関する知識も必要です。
また、会社によっては弊社のように自社工場での製造だけでなく、ご依頼主様の工場内で溶接・組み立てを行うこともあります。
ご要望通りの製品を実現するには、技術力だけでなく柔軟な対応力も必要となります。
知識・技術力・対応力などさまざまな能力が求められるところが、製缶加工の奥深いところです。

製缶加工の種類

曲げ加工

製缶はまず図面作成を行い、金属を溶断した後に「曲げ加工」を行います。
溶断した材料を「ダイ」と呼ばれる型に乗せ、押し金型を使って押し曲げながらつくりたい形にしていきます。
図面で設定した通りに形成するといえば簡単に聞こえますが、少しのずれが製品の大きなミスにつながるため注意が必要です。

溶接

曲げ加工の後に行うのが「溶接」です。
溶接とは、金属の接合部に熱を加え溶かして金属同士をくっつける加工方法のことで、製缶加工における要の工程になります。
溶接の種類はいくつかありますが、そのひとつとして「アーク溶接」が挙げられます。
アーク溶接とは、アークという放電現象を利用して鉄や金属をくっつける溶接作業のことです。
その他、ガス溶接やスタッド溶接など、接合する素材や製品の使用用途に合った溶接の種類を選んでいきます。

【求人】現場スタッフ大募集!


ただいま弊社では、現場スタッフを募集しております。
入社後は、神岡鉱業株式会社様の工場で器具設置や製缶工事、溶接工事などの業務に携わっていただきます。
ご応募にあたり、経験や資格の有無は一切問いません!
資格取得のためのサポートがございますので、仕事に必要な資格・免許は働きながらとっていただけます。
未経験でも製缶やメンテナンスに携わりたい、手に職をつけたいなど熱い思いをお持ちの方はぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

有限会社タカノ工機
〒506-1152 岐阜県飛騨市神岡町寺林901番地
電話:0578-82-6878 FAX:0578-82-6878
【営業電話お断り】【セールスお断り】


関連記事

働きながら手に職をつけるチャンス!

働きながら手に職をつけるチャンス!

はじめまして! 有限会社タカノ工機です。弊社では、岐阜県飛騨市の「神岡鉱業株式会社」さまの工場内にて …

飛騨市の製缶・溶接工事のご用命は「有限会社タカノ工機」まで!

飛騨市の製缶・溶接工事のご用命は「有限会…

こんにちは!岐阜県飛騨市の有限会社タカノ工機です。 弊社は「神岡鉱業株式会社」さまの工場内にて、機械 …

メンテナンスを依頼する前に覚えておきたい「保守」と「保全」の違い

メンテナンスを依頼する前に覚えておきたい…

こんにちは! 有限会社タカノ工機です。 弊社では、岐阜県飛騨市を拠点に、製缶工事・溶接工事・機械器具 …

採用情報 お問い合わせ